Loading...

幕末・維新期の尊攘運動家、明治期の司法官である北畠治房(きたばたけ はるふさ)が晩年隠棲していた屋敷が「布穀薗」(「布穀」は治房の号)でございます。江戸から大正にかけて、宮家であった有栖川宮殿下と親交があり、殿下直筆の「布穀薗」と書かれた額が母屋にございます。昭和29年から斑鳩町の結婚式場として多くの方々に利用されておりました。奈良&斑鳩を堪能していただける落ち着きのある空間で、ゆっくりとお過ごしください。

ニュースリリース

  • 2016年9月5日 かき氷メニューの 今季ご注文は9月12日(月)を持ちまして終了とさせていただきます。 沢山のご注文を頂き誠にありがとうございました。

このページの先頭へ